カード払いが可能なものは、だいたいクレジット決済をします。

私は、普段の買い物で、クレジット決済が可能な場合は、いつでも積極的にカードを使うようにしています。

 

使い方を間違えてしまうと、お金を使いすぎてしまったり、最悪の場合、カード破産なども招いてしまう可能性もあるクレジットカードですが、正しく、計画性を持って使えば、たくさんのメリットがあるものだと思います。

 

我が家の場合、公共料金の決済もクレジット払いにしているし、スーパーやデパート、レストランなどの日常の生活にかかるお金や、ネットショッピングなどの支払いも、だいたいはクレジット決済にしています。

 

そのおかげで、お得に生活ができていると思います。

 

クレジットカードを積極的に使うと、その分、たくさんのポイントが貯まります。
現金で支払っても、カードで支払っても、支出する金額は変わりません。

 

貯まったポイントは、景品や商品券、電子マネーなどに交換できます。
積極的にクレジットカードを使うのと、そうでないのとでは、ポイントの貯まり具合に大きな差が出ます。

 

同じ金額を支払うのであれば、ポイントが得られるクレジットカードを賢く使ったほうが、結果的にお得になると思います。

 

また、セゾンカードやイオンカードなど、お店が主体のクレジットカードの場合、カード会員のみの割引イベントがあったりします。

 

これはクレジットカードを利用している人でなければ対象にならないので、このような「クレジットカード限定の割引特典」を享受できるというメリットがあります。

 

ただし、いくらクレジットカードが便利なものとはいえ、無計画に使ってしまっては何にもなりません。

 

私の場合、毎月家計簿をつけ、クレジットカードの決済額を把握するようにしています。
このことにより、無駄遣いも防げているので、結果的に一石二鳥になっています。

 

クレジットカードは、賢く使えば主婦の味方の素晴らしい支払いツールだと思います。